メルマガ062|日照時間と手水舎

メルマガバックナンバー
この記事は、以前に会員向けに配信した事務局メルマガのバックナンバーです。四国遍路に関する時事ネタや豆知識、オフ会などのイベント案内、お得なセール情報などを配信しています。今後、メルマガ配信をご希望の方は会員登録のうえ最新の配信をお待ちください。

メルマガ配信日:2023年2月8日

混んでいる宿は嫌だなと思うくせに、あまりに客がいない宿だと寂しいし、不安。今週もこんにちは、事務局タケです。
あっという間に2月です。2月は逃げる、3月は去るなんて言いますから、暖かくなる春までもあっという間かもしれませんね。
はやい人なら、もう春遍路に向けての宿予約なんてこともはじめてるんじゃないでしょうか。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ 日が長くなってきた
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

最近、夕方が少しづつ明るくなってきました。
一年を通して遍路をしていて思うこと・・・冬ってやっぱり日が短い。
つまり日照時間が短いために歩ける距離がいつもより伸びなくなってしまいます。

これは徳島県ですが日照時間のこんな情報。
1月・・・9時間55分
3月・・・11時間46分
6月・・・14時間16分
9月・・・12時間53分
12月・・・10時間03分

1番長いのは7月だそうで14時間23分。
最短の1月と比べてみたら4時間強の差があります。
仮に1時間4km歩いたとして16km。まぁまぁあります。

体力のこともあるので1日30kmとしても、歩く時間としては7.5時間。
1月や2月の場合、残る2.5時間を食事や寄り道、休憩時間に当てなければなりません。
そう考えるとやっぱり冬ってあまり余裕がないですよね。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ 手水舎
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

そもそも読み方がわからなかったりするのですが「てみずや」または「ちょうずや」と呼びます。
「ちょうずや」なんて何一つ文字と合ってないのですが、まぁそれは独り言です。
特に冬は水が冷たくて本当に嫌です。せめてお湯だったらなぁ・・・なんて。
作法もなかなか難しくて「私のへんろ・とっつきにくい事ベスト3」に入ってます。
置いている柄杓がみんなでシェアする共用物なのでこのような手順も生まれたのかも知れませんが、だったら自分専用のマイ柄杓を持って歩けば作法も簡素化出来るし手も冷たくなくて済むのに・・・コホン、これも独り言でした。

こういう煩悩を消すのが遍路ですね、出直してきます!!

ということで今回は以上です。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
ではでは。

報告する

こんな記事も読まれてます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。