メルマガ071|お遍路NGマナー

メルマガバックナンバー
この記事は、以前に会員向けに配信した事務局メルマガのバックナンバーです。四国遍路に関する時事ネタや豆知識、オフ会などのイベント案内、お得なセール情報などを配信しています。今後、メルマガ配信をご希望の方は会員登録のうえ最新の配信をお待ちください。

メルマガ配信日:2023年6月14日

鐘つきのちょうどいい力加減が分からず境内中に爆音が轟く。今週もこんにちは、事務局タケです。
その逆もありますよね、小さく「ぽーん」って笑。
さて、ご存知と思いますが鐘つきは参拝”前”に行うもの。仏様に巡礼に「来たよー!」って知らせるためです。参拝後は縁起が悪いと言われているので絶対NGです。

せっかくなので今回はお遍路NGマナーについて少しだけ書いてみようと思います。今は当たり前でも、初めて参拝していた頃は知らなかった事もたくさんありました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ お遍路NGマナー
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

ちょっと待ってね、思い出します。。。。。。

・山門からは帽子をかぶらない(すげ笠はOKです)
・ローソクと線香は手前に置かない(奥から置く)
・他の人がつけた火をもらわない
・賽銭を投げ入れない
・合掌する時は手を叩かない(※)
・お接待は(基本)断らない
・お接待を受けたときの納め札には願い事を書かない
・納経所で両替しない
・橋の上で杖をつかない
・トイレに輪袈裟や金剛杖を持っていかない
・宿についたらまずは金剛杖を清める
・食事の時に輪袈裟をつけたままにしない
・お参りせず納経だけする
・杖のカバーのところは持たない(※)

ちなみに「合掌する時は手を叩かない」ですが、仏教では清浄である右手が仏さまの世界(極楽浄土)、不浄な左手が現世(衆生)で、両手を静かに合わせることで仏様の世界と現世が一体となり、成仏を願う気持ちを表すと言われています。
最後の杖カバーの件だけど、そんなこと言ってもやっぱり持っちゃいますよね。金剛杖は卒塔婆(そとば=先祖供養のため墓地に立てる木板)の代わりにもなり、色々細工されているその上部を大事に保護するのが杖カバー。で、そこは手で掴まずに少し下あたりを持つのが正式で、握りやすくするためのグリップカバーではないっぽい。ちなみに卒塔婆の起源は、サンスクリット語の「ストゥーパ(役割は同じ)」だそうです。

うーん、他にもあるかなぁ。きっとあると思います。詳しくはお寺の方や先達さんに聞いてみてくださいね。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ 事務局より
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

宿データベース(https://min88.jp/inn/)では、「楽天トラベルで予約する」「Booking. comで予約する」ボタンを設置しました。ちょうど今、【楽天トラベルスーパーSALE】が開催されているのでこの機会にぜひご活用ください。ちなみにセール期間は6月20日(火)までだそうです。
さらに【宿と前後の札所との距離表示】も徳島と高知をちょうど終えたところ。あと半分、頑張ります!(英語ページはその後の作業です。うわぁ、まだまだ先は長いなぁ・・・)

ということで今回は以上です。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
ではでは。

報告する

こんな記事も読まれてます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。