続・地図本づくりプロジェクト【別格二十霊場版】

別格ファンは想像の5倍多い

私たちの地図本を購入してくれた方から一番多かったご意見がこちら。

「次は別格の地図も欲しい」

そう、『みんなでつくった遍路地図(上巻・下巻)』には別格霊場が載っていません。
いや、正確に言うと半分は載ってます。88ヶ所のルート沿いやその近くにある別格、つまりページ内に収まる9つの別格霊場はそれぞれ上下巻に載ってます。ご存じの方も多いと思いますが別格霊場は少し遠い場所にあることが多く、そんな残りの11ヶ寺は構成上の都合で掲載を見送ったという経緯がありました。それに、載っている別格もあるといえどもその扱いが若干薄かったのも正直否めません。

しかし冒頭にあるご意見には、上下巻をご覧・ご使用いただいた上でのさらなる続編を期待されている評価も含まれているとも受け取っております。本当にありがとうございます。

別格こそ詳しい地図がいる

とはいえ別格ルートは分かりづらく道標も極端に少ないため、初心者にはなかなかの難易度です。思うに88ヶ所ルートと比べても圧倒的に情報量が少ないのは発信者の母数の差なのかなと感じています。

自分を含め、四国遍路における1番の魅力は”その道中にある”と答える人も多く、なかでも大自然に包まれながら歩くへんろ道は爽快でありながらも、時には山あり谷ありで言わば人生そのもの。”別格のみち”はそれらがギュッと詰まった非日常中の非日常、まさに別格です。もっと多くの人に知ってもらいたいし興味を持ってもらえたならばぜひ足を運んでもらいたい。そのためには地図は欠かせないマストアイテム。「迷うのも遍路のひとつ」とも言われますが正直迷ってばかりだと楽しくありませんよね。
 

『みんなでつくった遍路地図(上巻・下巻)』は単なる道順を示した地図ではなく、旅を経験された方々から絶景箇所や危険区間、現地の食べ物、おすすめ宿などのクチコミ、その地の歴史・小話など、遍路旅をもっと楽しくするポイント、遍路旅で抑えるべきポイントをたくさん書き込んだ地図本として作られました。そして、

──── 別格こそ詳しい地図が必要だ。

これだけは言えることですが別格は断じて”おまけ”ではないし、地図にしてもむしろもっと丁寧であるべき。情報の数だけ人を楽しませたり助けられたりできることを考えると、今回も上下巻と同じコンセプトで作りたいと思っています。

ぜひご協力ください

もしこの想いに共感いただけるならば、ぜひこの”別格地図本づくりプロジェクト”にご協力ください。前回の上下巻の時と同様、アンケート形式で下記の情報・クチコミを募集します。

  • 札所
  • へんろみち
  • グルメ
  • 宿
  • その他

もちろん何度お送りいただいても構いませんし、全部に答える必要もありません。「あ、そうだ」と思いついたらいつでもOKです。匿名ですのでどうぞお気軽に。

開発コードネームは『BK20』

まぁ、これは内々で勝手に言ってるだけ(笑)なんですが、今これを読んでくれているあなたもこの地図本制作プロジェクトに参加していただけないでしょうか。もちろん今回が初めての方も大歓迎です。この本がきっかけで別格霊場めぐりを初める方が増えればこんなに嬉しいことはありませんし、そんな喜びも一緒に分かち合うことができればこのプロジェクトは大成功です。地図を作ること自体は通過点であって、実際にお遍路される方がこの地図を使って無事に札所にたどり着いてもらうことが本当のゴールです。

どうかご協力ください、よろしくお願いします!

(事務局・タケ)

◎過去の「地図本づくりプロジェクト」の記事
https://min88.jp/map-project/