高知県に入った心地よい朝に突然の出来事(おっと・・・という間もなく)  「痛っ~!」
道中

高知県に入った心地よい朝に突然の出来事(おっと・・・という間もなく)  「痛っ~!」

3月に続き久しぶりのお遍路を11月14日に日和佐から歩き宍喰の「民宿えびす」に。
翌朝晴天の中7時半に出て30分甲浦大橋を渡り終えての下り道で歩道の段差につまづき
ダイブするように両手を前に倒れ伏した。歩道は尖った石が露出し、手のひらと指に石が食い込み
出血。家内がタオルで押さえるが血は止まらない。
その時1台のワンボックスカーが停まり、数人のお遍路さんが降りて手当を手伝ってくれた。
その方々は台湾の女性のお遍路さん方で、室戸方面へ進む途中で僕が伏せっているのを見てUターン
してきたとの事。タオルで縛ってくれたり、病院へ乗せて行こうかと親切なお世話を受けた。
幸い足腰は大丈夫だったので、有難くお礼を言い町の医院を探しに。
橋のたもとの会社の方に聞いたら、近くに寿美医院があると案内してくださった。
月曜日の8時30分で開院したところ、丁寧に治療してくださった。
1週間分の薬を処方してもらい、それから1週間何とか種間寺まで遍路できた。
台湾のおへんろさん・医院へ案内してくださった社長さん・寿美医院さん 皆さんに感謝感謝です。

報告する

投稿者

愛知県

コメント

  1. 歩道って結構ウネウネボコボコしてるので気が抜けないですよね。

コメントするためには、 ログイン してください。