メルマガ001|遍路宿を応援しよう

メルマガバックナンバー
この記事は、以前に会員向けに配信した事務局メルマガのバックナンバーです。四国遍路に関する時事ネタや豆知識、オフ会などのイベント案内、お得なセール情報などを配信しています。今後、メルマガ配信をご希望の方は会員登録のうえ最新の配信をお待ちください。

メルマガ配信日:2021年6月15日

おかげさまで登録者が100人を超えました!本当に嬉しいです。事務局タケです。
楽しい旅の写真・役立つブログ投稿も毎日増えて事務局メンバーも楽しく拝見させていただいております。いつもありがとうございます!

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
\こんな時期だから遍路宿を応援しよう/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

新型コロナウイルスは私生活だけでなく四国遍路にも大きな影響を与えています。
国内の外出自粛や外国人の入国制限により遍路客の減少で多くの施設が休業したり売上が激減しています。遍路宿はその名の通りお遍路さんの宿泊利用によって売上を上げているため、この状況下の経済的打撃は想像の通りで、今後長期的に続くようであればさらに多くの宿泊施設が閉業や休業してしまう可能性があり、それは何としても避けたいです。

”みんなのへんろ”は遍路旅の楽しさを広め、お遍路される人が増えていくことを楽しみに運営しています。今はこの困難の中、お世話になった遍路宿を応援することでできる限りのサポートをしていきたいと思っています。コロナの影響が収まった時、いつもどおり大好きな遍路に行けるよう、お気に入りの遍路宿をまた利用できるようこの時こそ宿泊施設を応援してみませんか。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ みんなのへんろ(宿)
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

「みんなのへんろ(宿)」では遍路宿データベースとして情報を集めています。
旅の準備段階や実際現地で泊まってみたい宿泊施設を検索し、利用につながれば嬉しいです。現在はまだ基本情報を中心とした内容となっていますが、皆さんの利用した感想やその時撮った写真、宿主の挨拶なども加えていき、それらを参考にして選択されるようになれば、このサイトを通して売上のきっかけをつくり、宿泊施設を経済的に応援できればと考えています。

Survey Form Button with White Text みんなのへんろ(宿)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ おへんろの皆さんへ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

【1】サイト紹介のお願い
私たちの活動、このサイトの存在が四国の遍路宿さんたちの応援につながると思っていただけたならば、ぜひSNS等で紹介してもらえたら嬉しいです。まず今はみんなのへんろの立ち上げ時から関わりがある方々や、実際に利用した宿泊施設さんなどから声をかけていますが、四国遍路を愛する皆さんのお力もめちゃめちゃ必要としています。

【2】利用した感想や写真、情報提供のお願い
こうやって書いている間にも、閉業や臨時休業を検討されている宿泊施設は多くあります。ユーザークチコミは大きな影響力を持っていて、実体験をもとに書かれた情報は数ある施設の中から選ぶ上でとても参考になります。情報提供は誰でもご報告いただけますので、皆さんのおすすめする施設、そしてその理由や感想、写真などをぜひお寄せ下さい。

Survey Form Button with White Text 施設登録フォーム Survey Form Button with White Text クチコミフォーム

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ 宿泊施設オーナーの方へ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

みんなのへんろ(宿)にまだ掲載されていないなら<施設登録>より掲載可能です。無料ですのでお気軽にご連絡ください。また、ユーザークチコミと同様「オーナからのご挨拶」という内容でふんだんにPRすることもできますし、施設写真や補足情報の追加も可能です。宿主さんが思っている以上に知らないことが多いお遍路さんにはとても有効かつストレートに伝えることが出来る手段のひとつ。ぜひご参加ください。

Survey Form Button with White Text 施設登録フォーム Survey Form Button with White Text オーナーよりご挨拶

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
◎ さいごに
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
まだ誰もコロナ禍の収束時期を正確に予想できる人はいません。しかし、宿泊施設の方々は今を耐えに耐え、ただ収束の時を待っているだけではありません。あの時お世話になった宿がなくなったことを想像すると、自分の思い出も少し薄まっていってしまうのかも知れません。とても寂しい話ですよね。またあの宿に泊まれたら、またあのおばあちゃんと話ができたら、またあの美味しい夕食が食べれたら。
私達が出来ること、やってみませんか。

\最後まで読んでくださりありがとうございました/

報告する

こんな記事も読まれてます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。