1日目(雨のち筋肉痛)

1日目(雨のち筋肉痛)

揺られ揺られて徳島駅

約7時間。
昨晩初の夜行バスで徳島駅に到着した。
毎度のことだがお尻が痛い。まぁ寝れないよね。
こうやってバスから降りて体を自由に動かせるだけでも十分幸せだ。

予報で知ってたけどやっぱり雨が降っている。
今回が3巡目のお遍路だけど、いつも1日目は雨だしもう慣れっこ慣れっこ。
さてここから坂東駅まで電車で行くわけなんだけど、まぁ慌てるな。
まずは朝ごはんでも食べてスタートしよう。コンビニに寄ってコーヒーとパンでも買おう。
この先そうそうコンビニなんて都合よく出くわせないからここは便利に使っておこう。

1番から3番

坂東駅に着いたのはちょうど7時。
そこからまもなく霊山寺に到着するわけなんだけど、、、人、全然いません。

平日とか朝早いとか抜きで、それでも霊山寺はそれなりの人がいたりするもんだけど、いませんでしたね。

でも地元の中学生から「おはようございます!」ってあいさつは変わりない。なんか優しい気持ちになれるよね。

続いて2番、3番と打つ。
雨は全然止む気配もなく、黙々と歩く。

そういや、霊山寺のあのマネキンまでいなかったな。

4番から5番

雨も少し収まりつつあるけど、まだカッパなしでは歩けない、そんな状況。
ここまではお寺が密集してたのであれよあれよと打ててきたけど、4番からは少しその感覚も長くなる。

落ち着いて考え事もできるようになり、目下、この「みんなのへんろ」をどうやって広めていけばいいのかを考えていた。
まぁこういうものは狙いすぎるとハズしたり独りよがりになるのもよくあるオチでもあるんだけど、まずは自分から発信してみんなに楽しんでもらえる事が一番なんだろうなと。地道にがんばります!

さて、ちょうどいいところに東屋があったので、朝コンビニで買った納豆巻きでも食べて次の5番に向かって歩こう。

その5番で初の自分以外のお遍路さんに出会う。しかも30人くらい。
そう、ツアー団体遍路さん。

みんな経験したことあると思うけど、納経所が渋滞するのよね。渋滞といっても代理の添乗員さん一人だけだけど。
ただ、「途中ですけどお先にどうぞ」と譲ってくれました。

これね、どうでもいい話なんだけど割り込みの許可の権限って添乗員さんにあるのか、お寺の人にあるのかは微妙だよね。

まぁいいか、次に行こう。

6番へ

いゃあ、道間違えたんだよね、ぼーっとしてて。
街中でのクランクみたいなところあるんだけど気づかずまっすぐ進んじゃった。
「お遍路さーん違うよー」って声かけてくれたんです。
ありがとうありがとう。
おかげさまでなんとかつきました。

30人のツアーさんももれなくいましたけど。

7番へ

雨、やみました。やったぜ!
もうね、ちょっとした筋肉痛始まってます。

6番と7番は程よく近いんで、やっぱりツアーさんもいますよね。

カチカチ鳴らしながらその横で般若心経唱えるとつられないよう声も大きくなります。

まぁでも誰かいると安心はしてます。
歩きですかぁ、と声も掛けてくれてツアーさんでも仲間感が大きくなります。

さぁ今日はもう次の8番で終わりかな。
休憩もほどほどに出発しました。

8番

ちょっと長めだけどラスト、がんばりますよ。
途中、できたばかりの遍路小屋を見つけ、少し休憩。ヘンロ小屋57号、令和2年3月完成ってほんと最近です。

ここから熊谷寺までは15分くらい。
夕方になって風も強くなって肌寒くなってきました。

今日は早めに切り上げて体力回復に努めよう。
いつももうちょっとって頑張っちゃて、次の日ボロボロになるのがオチだったのでそういう意味では成長したのかもね。

そして熊谷寺到着です。
もうツアーさんたちは先に行ったみたいで、また寂しいお参りになりました。

まぁでも今日はよくがんばったかな。
今晩から明日も雨っぽいけど、仕方ない。大きなトラブルもなく1日が終わりました。

今日の夜ご飯

といってもまだ日が高いけど、寒いので暖まります。
買っといて良かった!

報告する

コメント

  1. タケさん、お疲れ様でした。
    私も2018年4月に野宿の通しでまわりました。すっかりお四国病にかかってしまいましたが今だにお四国遍路の予定が立っていない状態です。タケさんの日記を楽しみに読ませていただきますね。
    焼山寺は明後日くらいになるなでしょうかね?お体に気をつけて頑張って下さい!
    ちなみに私もタケさんと同じ神奈川県在住です、応援してます。

  2. はまちゃんさんも神奈川でしたか。
    四国までもっと近かったら楽に行けるんですが、ちょっと大変ですよね。
    忘れないよう休憩の合間に書き足してるんですが、この期間はリアルな旅日記を書いていきますね!

コメントするためには、 ログイン してください。